身体に優しいがん治療|更年期障害の重い症状にララバイ|心が悲鳴をあげたなら
医者

更年期障害の重い症状にララバイ|心が悲鳴をあげたなら

身体に優しいがん治療

シニア女性と看護師

副作用を軽減

がんの治療法には、抗がん剤治療、放射線治療、手術の3通りの方法があります。従来のがん治療には、吐き気や脱毛などの副作用があり、患者さんにとってはがんと闘う以上に、治療を受けることが辛いものでありました。NK療法は、免疫力の高い「NK(ナチュラルキラー細胞)」を使ってがんを治そうという治療法です。ナチュラルキラー細胞には、ウイルスやがん細胞など体内に異常な細胞が発生した場合に、それらを攻撃する作用があります。NK療法は、この免疫細胞を身体の外で培養し、活性化したものをまた体内に戻すという方法でがんを撃退します。NK療法は従来のがん治療に比べると、副作用が軽減されるという大きなメリットがあります。

免疫力をアップ

がんにかかる人は、健康な人より免疫力が落ちています。免疫力を上げるためには、ナチュラルキラー細胞を身体の外で培養し、活性化させる必要があります。本人の免疫細胞なので、副作用が起こるようなことはほとんどありません。ただ、ナチュラルキラー細胞を得るには、長時間の採血を行う必要があります。NK療法だけで治療が行われるわけではありませんが、手術などと組み合わせれば、悪い部分を手術で取り除き、NK療法と併用することで相乗効果が期待できるでしょう。どの程度免疫力が上がるかは個人差もありますが、免疫力が上がることで病気への抵抗力がつきます。NK療法は最先端のがん治療であり、がん治療の苦痛をやわらげる方法として今後に期待されています。